息子について プレイバックPart 2 ー 藤 貴子

 

気づけばもう晩秋で
木枯らしの話題が出たりして、
時の経つ早さに驚きます。

 

冬が近づくと、インフルエンザなど
体調面で心配なことが増えますね。
息子も喘息持ちで気管支が弱かったため、
小さな頃はしょっちゅう
風邪をひいていました。

 

偏食がひどかったので栄養バランスが
悪かったのもあると思います。
発達障がいのある子は
味覚や触覚が敏感なことから
偏食になる子が多いようです。

 

息子が好んで食べていたのは、
うどんやパスタなどの麺類。
でも余計な具を入れると
とたんに手をつけなくなる。

 

ただただ途方に暮れてました…
だって私、めちゃくちゃ料理が
下手なんですよ…
大学生の頃、彼氏にあげる
バレンタインのケーキがどうしても
うまく作れなくて結局純ちゃん
作ってもらったエピソードを
持つくらい下手なんですよ…
(純ちゃんについては
 以前の書き込みを参照して下さいね♡)

 

ですが、そんな偏食も保育園に入ってからは
随分改善されました。
なんてったって給食がありますからねー!
息子もお友達が美味しそうに
食べているのを見て、
徐々にいろんな食材に
チャレンジしていったようです。

 

オムツも保育園で外していただきました。

「もうドンドン外して
    いっちゃいましょう!」

という威勢のいい保育士さんの言葉、
今でも忘れられません。

 

他にも、発語が増えたり
お友達と関われるようになったり…と、
できる事が本当に増えました。

 

そして何より、ママである私自身が、
自分だけの時間を確保できるように
なったのが良かった!
私はこの頃から仕事も本格的に再開。
ママ業を少し離れて
自分の時間を持つことは、
自分にパワーチャージできますし、
息子との関係を客観的に見るには
とても有効でした。
ちょっと陳腐になるかもですが、
離れた時間だけ愛しさも増しましたしね。

 

ママさん達、
是非いろんなシステムを活用して、
自分の時間を大切にしてください。
ママが元気じゃないと、
子供に元気をあげられませんから♡

 

ひゃっ。小学校時代のことも書くつもりが、
すでに文字数オーバーです。
小学校時代はまた次回にいたしますね!

 


「藤 貴子Twitter」

 


2019年11月25日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 俳優・声優 藤 貴子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です