11.30のにわさんへ

 

11.30のにわさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
 
 
ジョン監督のとこば…
 
グッときますね。
どうして意見を言わないのか、
言ってはいけないのか。
 
 
学生の皆さんに対して
常に思うことでもあり、
私自身、小学生時代から始まる
先生とのバトルの論点は
だいたいこれで。
 
 
若気の至り、
といえばかわいいのですが、
 
先生の言うことを聞く
 
という行為が良いとは
思えないまま
アラフォーになってしまいました。
 
 
定期テスト後、
採点に納得のいかない子がきます。
 
「なぜバツにされたかわからない」
 
答案をみると、
なるほど、悪くはない。
 
「なんでバツにされたの?」
 
と聞くと、
 
「先生が教えた方法と
違う手段で解いたから」
 
とのこと。
こんな不条理なことありますか。
 
 
「ふざけんな、
と言ってやりましょう」
 
とけしかけますが、
やはり内申点ってものがある。
ちょっと心証を悪くすると、
受験に影響するという…
 
もちろん私もそれは知っているので
それ以上けしかけませんが、
彼らの話を聞いてると
 
ここはどこの国だ?
 
と思うことがよくあります。
 
 
 
少なくとも塾だけでは
自分の意思を失わないでほしい、
という観点からclue zemi
運営しておりますが、
 
おい、ティーチャー。
ふざけんな。
 
なんて言葉が飛び交う教室です。
これはこれで
どうかと思いますけども。
 
 
そんな厳しい世の中ですから、
やっぱり映画や音楽に触れないと
なかなか自分の意見を
構成できないんじゃないかと思います。
 
 
もうすぐ冬休み。
勉強の予定ばっかりじゃなく
みたい映画を決めてもいいのでは?
 
 
それにしても「審判」…
みたい。観たすぎる。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です