怖かった話 ー 渡邉知樹

 

今回はヒッチハイクをしていて
怖かったエピソードをお話しします。

 

滋賀から大阪に向かう途中、
ヒッチハイクをしていたら
軽トラックが止まってくれました。
60代くらいの男性の方。
一通り挨拶や自己紹介を終えた時に、
まだ自分がシートベルトを
していなかったことに気付きました。

 

あわててシートベルトをしようとしたら

「あ、ベルトしなくていいよ、
    これ窃盗車だから、
    警察来たらどうせ逃げるから」

と言われました。

 

あまりに衝撃だったのですが平静を装い

「えーまじっすか!
   これ窃盗車なんすか!すげぇ!」

とかなんとか言って、
でも頭はパニック状態。

 

話を聞くと
元々はヤクザの方だったそうですが、
色々問題を犯して組みを追い出され、
今は日本中の友人のところを巡っては
お金を借りて
どうにか生活しているとのこと。
(知らない方から車も借りて。笑 )

 

人柄は穏やかで、悪人! という感じでは
なかったのですが、道中

「あーあいつ金持ってそうだから
    ちょっと行って来ようかな」

とか、

「この車でATMに突っ込んだら
   お金取れるかな」

とか言い出すので、さすがに
このまま一緒にいるのはまずいと思い、
赤信号で止まった隙に

「ここで降ります!
   ありがとうございました!」

と言って逃げるように車を降りました。

 

 

せっかく乗せてくれたのに、
申し訳なかったと今でも思っていますが、
実際とても怖かったです。
なにかあってからでは遅いですからね。

 

ヒッチハイクをすると、
こういう出会いもあります。

 


ブログ/渡邉知樹のぺぺぺ

 


2019年12月04日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 絵本作家 渡邉 知樹 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です