悟り世代 ー 尾形弓子

 

こんにちは。
ヨガ&ハーブインストラクターの
yumikoです。

 

先日宮崎の実家に帰省していました。
私の帰省の目的は色々ありますが、
とにかく甥と姪を可愛がりまくりたい。
可愛くてしょうがありません。
姪はもう小学校3年生、甥は今度小学生。
いつまでも小さいままでいてほしい
オバ心です。

 

 

甥も姪も私の母、
つまりお婆ちゃんが大好きです。
そして私や妹が、
お父さん、お母さんと呼ぶため、
お爺ちゃん、お婆ちゃんと呼ばずに、
お父さんお母さんと2人を呼びます。
これは早く治さねばと思いながら、
面白いからそのままにしちゃってます。

 

お婆ちゃんである私の母が大好きな2人は、
いつも母の事を気遣います。

 

私の母は、なんだか地区の自治会で
会計を引き受けてしまい、
70を過ぎた母に自治会長から
まるでパワハラのようにPCをいじらされ、
朝から晩までストーカーのように
ラインや訪問を繰り返されていました。
気が滅入って、自分のライフワークである
作品作りも展示会前に犠牲にしていました。

 

そんな母に対してなのでしょうか。
5歳の甥は、
ゲートボールをしている
ご老人達を見ながら、

「年寄りはもう、
    好きな事だけやったらいいとよ」

と言ったそうです。
なんと悟りの子。

 

そして姪の方と言えば、
学校で可愛がっていた亀が
ある日いじめられていたそうです。
それを見て大泣きしたそう。
可愛そうに…。

 

次の日姪は亀の水槽にこんな張り紙を。

「亀さんにストレスがたまるので、
   水槽を叩いたり、
   むやみに触らないでください」

そんな事にまで気遣える小学生。
お利口すぎる!

 

もしかしたら、
父と母をお爺ちゃんお婆ちゃんと
呼ばないのも、
2人なりの気遣いなのかもしれません。

 

 

以上オバ馬鹿投稿にお付き合いいただき
ありがとうございました。

 

皆さま2019年も拙い私のコラムを
お読みいただきありがとうございました。
また皆様の目に留めていただけるよう
努めてまいります。

 


yumiko_ogata instagram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です