12.12の鶴岡さんへ

 

12.12の鶴岡さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
ちょうど良いように ” について。
 
 
「ちょうどよく」
 
という感覚は勉強においても
大事なことだと思っております。
 
「うちの子勉強時間がたりないんです!」
 
と嘆くお母さんは多いけれど、
 
「うちの子勉強し過ぎなんです!」
 
と訴えるお母さんはいません。
 
 
そりゃそうだろう、
と思われるかもしれませんが、やはり
 
「過ぎたるは及ばざるが如し」
 
という言葉は
勉強にだってあてはまるわけで。
 
 
とくにこの時期、
いよいよ追い込みをかけているみなさんは
猛烈に勉強していることと思います。
 
 
朝から晩まで。
メシ・フロ・トイレ以外は
席を立たないなんて人もいたり。
 
 
側からみるとその光景は
なんとも立派な感じがしますが、
彼らの頭の中を覗いてみますと、
その中身はグチャグチャで。
 
 
お食事中の方には
大変失礼いたしますが、
それはいわゆる便秘状態。
 
 
知識だって、お通じと同じく
「入れたら出す」をしないと
全体がうまく機能しません。
 
あれも覚えてない!
これも覚えてない!
 
ではなく、
 
出し切ってない!
 
という感覚もぜひ持ち、
頭の中に空白を作るように
心がけて欲しいです。
 
 
そして、いい塩梅の脳みそで
受験本番を迎えてくださいね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です