12.19のにわさんへ

 

12.19のにわさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
医者目指します ”  について。
 
 
この歳になりますと、
 
ああ、あれもやっとけばよかったな。
これもやっとけばよかったな。
あっちの道だったら
どんな人生だったのかな。
 
なんてことを思います。
 
 
思うだけに止まれば良いのですが、
年甲斐もなく新しいことに手を出して
大火傷を負うこと、現在進行形。
 
 
塾の講師という仕事のいいところは、
常にフレッシュな皆さんと
一緒にいられるということです。
夢と希望にあふれた職場とは
まさにこのことで。
 
 
彼らのあれもやりたい、
これもやりたいにつられて、
おじさんも10代の気分で
手を出して大火傷。
そして大人から大叱責を食らう。
 
ということを繰り返しておりますが、
 
いや、成功すれば彼らより
人生経験があるからうまくやれるはず。
 
という、根拠のない自信だけを
エネルギーにして、
なんとか踏ん張っているところであります。
マウントする気満々です。
 
 
clue zemiには少ないですが、
行動の前に諦めの言葉を
書き溜めてしまっている若い人が
多くいる、という話。
 
 
前例とかパーセンテージとかを
考えてしまえば
そうなのかもしれないけど、
 
とりあえずもがいてみる。
 
なんてことを経験して欲しいなぁ
と願うばかりです。
 
 
ちょうど、今読んでいた本に
バーナード・ショーの言葉が
載っていました。
 
 
合理的な人間は、
自分を世界に適応させる。
非合理的な人間は、
自分に世界を適応させようと粘る。
あらゆる進歩はこの「非合理的な人間」に
頼っているのだ。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です