12.23のHUMORABO(mu)さんへ

 

12.23のHUMORABOさん
コラムについて。

 

一度解き終わった問題集をどうするか。
 
この対応にはその人の性格が
大きくあらわれてきます。
 
・捨てて、新しいのを用意する。
・もう一度繰り返す。
 
 
絶対、というわけではないですが、
勉強を得意とする人は
後者を選択することが
多いような気がします。
 
 
特に良い問題集というのは
繰り返すたびに新しい発見があるもので、
それはまさに「するめ」のような。
 
 
本番は何が出るかわからないから
たくさんの問題にあたった方がよい。
 
という説もあり、
確かに一理あります。
 
 
しかし、「やったことが出る」
という可能性は当然低く、
確率を高めようとすれば
気が遠くなるほどの問題を
こなす必要があります。
 
 
一方で、
同じ問題を繰り返す作戦の目的は
「汎用性」にあります。
 
 
繰り返すことで、
ものの本質がみえてくる。
ついでに別の使い方も見えてくる。
 
 
あら!
これって、アップサイクルの考えに
似てませんか !?
 
 
それを掴むことができれば
初見の問題にもビビらず対応できます。
 
 
これは一度解いただけでは
決してわからないこと。
味がなくなるまで、
しっかりしゃぶり尽くしてください。
 
 
仙台イベント!
お待ちしてますよ〜
 
 
 

コメント1件

-->
  • HUMORABO(mu) より:

    まさかのアップサイクルが「するめ」につながるりました。見事な締めくくりに感心しつつ本年大変お世話になりました!来年もよろしくお願いします。令和2年こそは仙台で盃交わしたいですねー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です