バトルしてこその幸せ/「マリッジ・ストーリー」ー 中村克子

 

前回の大場 綾さんのコラム
読んでいたら、

「アメリカ映画を観ていると
   しょっちゅう裁判が出てくる。」

とあり、確かに! とうなずいた。

 

先日、映画館「アップリンク吉祥寺」で
「マリッジ・ストーリー」を観た。

 

この作品はNetflix製作の映画
(近年、Netflixは勢いがある)。
結婚生活がうまくいかなくなった夫婦の
離婚に至るまでのプロセスが
丁寧に描かれている。

 

最初は、円満に離婚をしたいと思っていた
舞台演出家、
チャーリー(アダム・ドライバー)と
女優、ニコール
(スカーレット・ヨハンソン)の夫婦。
しかし、お互いの話し合いだけでは
何も進まず、子どもの親権などをめぐって
離婚裁判で争うことになる。

 

最初に離婚を切り出したのは
ニコールの方だ。

 

彼女は、ニューヨークで
劇団を主宰しているチャーリーと一緒に
看板女優としてがんばってきた。
しかし時が経つにつれて、
劇団にただ属しているだけで、
本来の女優としての存在意義が
薄れていくのを感じるようになる。
もっと自分らしい仕事がしたいと思うが、
チャーリーはそのことに気づいていない。

 

離婚裁判のシーンでは、
それぞれが雇った個性的な敏腕弁護士の
激しい “ 舌戦 ” が繰り広げられる。
夫婦それぞれの欠点や、
不利になるような内容を
たたみかけるように主張。

 

裁判中、真意でないことまで
主張しなければならず、
チャーリーとニコールの
複雑な表情が垣間見られる。

 

また、映画の終盤では
夫婦2人が罵り合うシーンがある。
ここでも “ 舌戦 ” が繰り広げられる。

 

裁判にはなったものの、
やはり自分たちで話し合おうとするが、
最初は冷静でも次第に感情的になり、
心にもない暴言をぶつける。

 

このシーンはアダム・ドライバーと
スカーレット・ヨハンソン、
二人の長台詞と演技力に圧倒される。

 

より良い方向に進むための離婚…。
しかし、現実的にはそう簡単にはいかない。
自分の感情をぶつけ、
相手を傷つけたりしながらも、
幸せを模索していく二人の姿に感動する。

 

深刻になりがちなテーマだが、
随所にユーモアが盛り込まれ、
あたたかみのある良質な映画だ。

 

これは余談だが、
今や人気女優のスカーレット・ヨハンソン。
でも、私の中では
「ゴーストワールド」に出ていた
10代のあどけない少女の頃が
一番印象に残っている。

 


「青と夜ノ空」Web


2019年12月27日 | Posted in 余談Lab, 映画に学ぶ, 中村克子 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA