12.29のyuriさんへ

 

12.29のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
思いの込め方 ” について。

 

yuriさんが出会った
和菓子屋さんのように
勉強でも「気持ちの込め方」が
とても大事です。
 
 
受験界では

「テキスト、問題集を何周する」

という表現があります。
 
 
最低3回だったり、
いやいや5回だ!
なんて人もいたり。
 
 
回数については諸説あり、
個人差だったりもするのですが
中には
「何回やっても覚えられない…」
という人がいます。
 
 
話を聞いてみると、
しっかり計画立てて、
申し分ないスピードでこなしている。
 
 
できない理由を本人は
「暗記が苦手で」
なんて言うけど、
果たしてそうでしょうか。
 
 
「いついつまでに何周」
という考えに囚われている人は
実は最後の詰めが甘い人が多いです。
 
 
ここでいう「最後の詰め」とは
「丁寧に振り返ること」。
 
 
一通りやったあとに、
丁寧に、気持ちを込めて再確認する。
これで初めて脳みそに定着します。
 
 
これをやらないと、
歩留まり率が低くなるので
そりゃ何回やってもできません。
 
 
このあたり、
勉強も商売も同じですね。
お客さんがまた来てくれるかどうかは
本当に微妙な差。
 
 
気持ちを込めて、
最後まで丁寧に。
この差し迫った時期だからこそ、
急がば回れ、です。
 
と、自分にも言い聞かせたい。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です