1.11の渡邉さんへ

 

1.11の渡邉さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
ヒッチバイク! ” について。

 

なんという大役!
いろんな形の「代打」はあれど

彼女の代わりに後ろに乗る

なんてシチュエーションは
そうそうないですね。
しかも、「抱きつき仕様」ときた。
しっかり役目を果たし、
感謝までされた渡邉さん。すごいですね。

 

「代打」にはできることと、
できないことがあります。

 

掃除や洗濯は代行してもらえますが、
ごはんを食べる、トイレに行く、
ということは代行してもらえません。
痛みや苦しみもそう。
昔、歯痛でのたうちまわってた私に
今は亡きおばあちゃんが、

「代われるもんなら
 代わってやりたいわ…」

なんて声をかけてくれたことを
思い出しました。

 

さて、「代打不可」は受験もそう。
親や講師がいくら鼻息を荒くしたって
受験するのは生徒の皆さん。
年々、本人以外が鼻息を荒くしている
受験パターンをよく見かけますが、
そういうのは失敗につながります。

 

受験をまず「自分ごと」と認識するのが
まず第一歩ですが、
これは大人が構いすぎると
なかなか身につかない感覚でして。

 

成績のいい子=
大人のフォローがしっかりしている

と思われがちですが、
肌感覚として実際は逆。
大人はなるべく口出ししないスタンスが
いい結果を生むような気がします。

 

東京大学現役生の皆さんと
ミーティングしたとき、

「受験時、家族のスタンスは?」

という質問をしたところ
ほとんどが

「放置してもらえて助かった」

というものでした。

 

というわけで、
大人の独善で、

「役割のボリュームを上げすぎない!」

ということに注意したいところです。
代打は不可ですから。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です