1.16の柴さんへ

 

1.16の柴さんのコラムについて。

 

clue zemiに通うこの半分は
私たちとおしゃべりしに
来ている気がします。
(もちろん勉強も)

 

共働きなど、なにかと忙しい現代人。
子どもに時間をかけたいと思っても
難しくて…という親御さんも多く、
そうなるとその受け皿が
必要になります。

 

勉強なんか
できなくたっていいけれど、
(いや、やってもらわなきゃ困るけど)
そういうさびしさを我慢して欲しくない。

と思うのです。

 

というわけで、
clue zemiの扉を開けると
まず放たれる言葉は

「What’s up?!」

もちろん日本語でですけどね。
そのまま勉強そっちのけで
雑談がしばらく続くことも多々。

 

ここでおもしろいのが、
雑談は伝播するってこと。
隣の子が反応し、
いつの間にか大きな輪に
なっているってことも。
最後には盛り上がりすぎて、

「おりゃー!お前ら勉強じゃー!」

と我々に怒鳴られて解散、
というオチですが、
それを目的に毎日顔を出してくれる。
ついでに勉強も。

 

大人でいうと
行きつけの飲み屋だったり
スナックだったりみたいなところが
今の子たちには特に
大事だなぁなんて思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です