1.26佐藤天翔さんへ

 

1.26の佐藤さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
パーソナルトレーナーというお仕事
について。

 

先日、イベントで
職業パーソナルトレーナーという方に
出会いまして、肩凝りのひどい私は
ここぞとばかりに
いろいろ聞いてきました。

 

わたしの他にも
彼に質問がある人が数名いて
四方八方から攻撃(質問)を受ける彼。

一列に並べ!

と言われるかと思ったら、
それはもう宮本武蔵の如く(?)
鮮やかにバッサバッサと斬っていきます。

 

そういえばわたしも何でも屋。
毎日こんなふうに集中砲火浴びてるな〜
と思いながら、
彼の的確かつ柔らかい対応は
とても参考になるものでした。

 

何でも屋であることは、
簡単そうで実は難しいもので。

「僕は〜を専門としておりまして」

と伝えとけば、専門外の話が来たときにも

「専門外ですので」

と言えます。

 

しかし、何でも屋を標榜すると

「できません」

と言えなくなります。
言った瞬間、何でも屋の価値はなくなり、
次の仕事も来ません。

 

なかなか大変な立場ですが、
佐藤さんのおっしゃるように、
「期待に応える」というのが醍醐味。
そのために日々勉強は欠かせません。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA