鳶にパンを取られたことはない ー yuri

 

ここ数ヶ月休みが取れず、
ずっと働いていました。

 

たくさんのお仕事を頂けている、
今、ここが踏ん張り時。
年が明けたら少し休もうと決めていたので、
自分と相談しつつ
騙し騙し乗り越えました。

 

やっとやってきたお休みは
海を見に行きました。

 

時々どうしようもなく海が見たくなります。
ぼんやりと広く遠い海を眺め、
買ったパンを狙ってくる鳶と戦い、
貝殻を拾ったり拾わなかったり、
波打ち際で油断して
靴がびしょびしょになったりしています。
電車でうとうとして帰り、
そうしてお家に着く頃には少し、
ふかふかとした気持ちになっているのです。

 

毎日休まずたゆまぬ努力を!

ということが言いたいのではありません。

溜まった疲労は病気に繋がりやすいので、
規則正しい生活は、
とにかく暮らしの基本です。

 

その基本を押さえた上で、
人生には幾つかのポイントで、
今が正念場だ、という時があります。
無理をしてでも成したいことや、
誰かの思いを引き受ける時、
どうしても自分を
犠牲にしなければならない時が
やってきます。

そういう時に、どこまで頑張れて、
どこが限界なのか。

それを知っておく必要があります。

 

体力や気力の限界値は人それぞれで、
自分のそれを知ってはじめて、
最善を尽くす、ということができる。
自身の、傾向と対策。
ここ数ヶ月は無理をし過ぎましたが、
それでも風邪ひとつひかずいられるのは、
過去の奮闘でそれを知っているからでした。
頑張った経験は、
その後の人生の推進力です。

 

そしてちゃんと休むこと。
栄養がなければ
人は動くことができません。

自分が何を喜んで何にリラックスするのか。
それをちゃんと知って、
与えてあげることも、

頑張ることと同じくらい、
大事なことだと思っています。


「CAFE & BAKE momomo」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です