2年後のセミリタイア ー 長谷川純子

 

歯科医師として働きだしてから、
20年が経とうとしてます。

 

飽きっぽい私がよくもこんなに
長く続けたものだと、
自分でびっくりしちゃう。

 

ただ、飽きっぽいからなのか、
楽しそうなものを見つけると
歯科とは別でやるのも性分。

靴を作ったり、エステを始めたり。

 


夜遊びするより、全然楽しいから、
健全だし、健康にも良い(。>∀<。)

だからやってこれたのもある。

 

しかし、8年ほど前に、
Heilen(ヘイレン)という
エステサロンをやり始めてからは、
週5日歯科医師、残りの2日を
エステシャンとして生活してきました。

この生活は10年間だけと決めてます。

 

でも、働かないと生きてはいけないし、
開業したてで、
貯金が残りの人生分あるわけもない。
じゃあ、どうすればいいのか?
それを模索して、実行しようとしている、
残りの2年間なわけです。

 

私にとってのセミリタイアとは、

「きちんと休む。そして遊ぶ。
    やりたい事をする」

これに尽きる。

 

今は、連休と言えるものが
盆暮れ正月、祝日のみ。

でも、このお休み期間は
Heilenで働いているので、無いに等しい。

 

旅行にたくさん行きたいけど、行けない。
何度も行きたいから
ハイシーズンは避けたい。

となると、現状は難しい。

 

残りの2年間で、
いかに働く日数を減らしても
生活に困らないようにしていくか。

 

これは、もう経営者に徹するしかない。
今は、1番働いてるだけの
経営者とも呼べない単なる自営業と
自分を認識してます。

 

そこを経営者として、
働く量を減らして、遊べるようにする!

これが目標なのです。

 

さあ、残りたったの2年間。
自分がどうなるのか楽しみ♪

 


エステサロン「Heilen」HP


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA