シリア問題

News解説

話題のニュースをclue zemiがわかりやすく。
入試対策にも使えます。


シリア問題

毎日のように
衝撃的な映像が繰り返される
シリア問題のニュース。

 

なぜあれほど多くの難民が
危険を冒してまで
ヨーロッパへ流れてくるのか?
ということをザックリと解説します。

 

シリアは
日本の半分ほどの国土に
人口は2200万人ほど。
国民のほとんどが
イスラム教徒ではありながら
内戦の絶えない国です。

 

イスラム教には宗派が二つあり、
一つはシーア派。
もう一つはスンニ派です。
指導者のことを
「カリフ」というのですが
そのカリフを

イスラム教の創始者ムハンマドの子孫から選ぶべき
・・・シーア派

話し合いによって決めるべき
・・・スンニ派

この2つの宗派は
「指導者の決定」についての
考え方の違いから生まれたものです。

 

シリアでは、国民の大多数が
スンニ派であるにも関わらず、
政権を担っているのが
アサド大統領率いるシーア派。
アサド大統領はスンニ派に対し、
独裁的・弾圧的な政治を行います。

 

そんななか、2010年に
チュニジアで始まった
「アラブの春」という
民主化(独裁政治を倒すこと)運動の波が
シリアにも到達。
スンニ派が立ち上がり、
政権との間で大規模な戦いが起こったのです。

 

さらに、

 

この戦いが深刻化し、
国の政治が不安定になったところに
目を付けたISが
シリアを活動拠点としたため、
この地は、『ISの温床』
『独裁政権に対する戦い』
という二重の混乱が起き、
命の危険を感じた国民が
続々と国外脱出を試みているのです。

 

ヨーロッパに着くまでに
多くの人が命を落とし、
着いたとしても全く先の見えない国外脱出。
しかしながら、
そうせざるを得ないほど
シリア国内の危険度が高まっているのです。

 

そして、
問題をさらに複雑化させているのが
アサド大統領の処遇。
世界情勢は力を持った、
アメリカ・ロシア・中国
ヨーロッパの考え方に大きく左右されます。

 

アサド大統領を
退陣させたいアメリカ。
アサド大統領に
引き続き政権を担わせたいロシア。

 

この考え方の違いが
シリア問題が解決しない
大きな原因になっているのです。

 

以上のことをベースに
日々のニュースを見ていくと、
いろいろな気づきがあると思います。 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2016年01月13日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です