住宅の設計をしています ー 石黒隆康

 

はじめまして。
BUILTLOGICの石黒隆康と言います。
最初なので仕事の話しをしたいと思います。

 

私は普段「住宅の設計」を
仕事にしています。

 



住まい手の暮らしをイメージして、
快適に暮らせるように間取りを考えたり、
明るい陽射しが差し込むように
窓の大きさや位置を検討したり、
カッコ良く見えるように形を整えたり、
色々な事に目を向けて図面を描いています。

 

私の作る住宅を好きな人が
設計依頼をしてくれるので、
段々作る家も似てきます。
住宅に対する考え方が同じだからです。

 

どんなことが好きで、
どんなことを考えているかというと……。
人が寝て起きてご飯を食べる、
長い時間を過ごす場所だから
「落ち着く事が一番大事」だと
思っています。

 

また、洗濯をしたり食事を作ったり、
掃除をしたり家中を動き回るためには
「スムーズな動線」も大事です。
材料で言うと、無垢の木や石、
漆喰など自然の素材が好きです。
小さな子供がいる家族と年配のご夫婦、
単身世帯など家族構成によっても
作り方は変わってきます。

 

日本の住宅の多くは決まった間取りに
生活を当てはめるイメージなのですが、
そうではなくて、
その人その家族が暮らしやすい家を
作れたら良いなと思っています。

 

でもそれだけじゃ無くて、
そこに住んでいて
ちょっと嬉しくなるような家にもしたい。
いろんな事を考えて、
今日も頭の中がグルグルしています。

 


BUILTLOGIC」web


2020年02月19日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 建築家 石黒隆康 | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA