売る本・売らない本 ー 土屋裕一


 

仕入れたはずの古本なのに、

「やっぱり売りたくないなあ」

思い始めてしまう、
売る本・売らない本問題。

 

本の山に囲まれて棚卸し作業をしていると
毎年この問題に直面します。

 

悪いことではありませんが
悲しいかな、そればかりでは
商売になりません。

そりゃそうですね。

 

 

「古本屋なんだからきっとまた出会える」

とこれまでは
自分に言い聞かせてきたものの、

この数年で古本の市場は移ろい、
あの本も、この本も、入手困難に。
そうなるとまた

「売りたくないなあ」。

 

同業の方々は
その辺どう割り切っているんだろう?

何年も疑問に思いながら
過ごしてきましたが、

手元にあった雑誌のページに
響く文言を発見。

 

「ここからなくなっても
    世界から消えたわけじゃなくて、

    ほかの人の本棚に移っただけと
    考えるようになった」

(『nice things』2020年2月号 )

大阪の書店・コトバノイエの
加藤さんのお言葉。

 

そう思えるようになるには
まだまだ時間がかかりそうですが、
標高を増していく本の山を前にしたら
そんなことも言っていられないなあと
眉毛が八の字になっちゃうのでした。
とほほ。

 


「本屋写真館」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA