2.25の檜垣さんへ

 

2.25の檜垣さんのコラムについて。

 

挽回する環境がない

というのが、
最近の若い人たちの世界だと思います。

 

とは言っても、挽回が物理的に不可能
と言っているわけではなく、

挽回という概念はない、

教えられている感じ。

 

特に最近は現役志向で、
「浪人」することは
世の中ではイケナイことのようであります。

 

現役志向の人たち(大人も生徒も)が
口を揃えて言うのが、

「来年やってまたダメだったら
 どうするんだ !?」

というもの。

 

こちらから見れば、
まだまだ伸びしろがあるのだから、
今年と同じってことは
ないと思うんだけれど。

 

長年、この仕事をしておりますが
第一関門(高校入試とか)で
安全策をとった人が
第二関門(大学入試とか)で
目を見張るような成績を残すことは
まずありません。
逆に、第一関門でやらかして
第二関門で逆転!
というのはよく見ます。

 

学校や塾の先生は
自分の過去の失敗を
生徒に見せたがらない人が多いですが、
間違いなく全員、
大失敗の過去は持っているはず。

 

うまくいっている人に聞くべきは

どうやって成功したか?

ではなく、

どんな失敗をして、どう挽回したか。

なのだそうですよ。
ぜひ聞いてみてください。

 

しかし、
ミャンマー軍事政権の
政治犯通訳のためにスイスで面接。
おそらく人生で聞いた中で
もっともデカい話です。
ジャックバウアーでしか、
そういう話を知りません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA