ユーモラってなんだろう? ー HUMORABO(mu)

 

「 福祉を魅力に変える
    ユーモラってなんだ ??
 」

をテーマに、熊本・福岡で
講座を持たせていただきました。

 

ユーモラ(HUMORA)は、
HUMAN(ヒューマン / ひと)と
HUMOR(ユーモア / おかしさ)から
生まれた造語で、ここでは

「誰しもが
   幸せに楽しく生きるためのヒント」

と定義しました。

 

この “ ユーモラ ” をきっかけに、
福祉事業の従事者(福祉の内の人)と
そこに興味を持って集まってくれた人
(福祉の外の人)たちが、
この共通言語を使って楽しい未来を
一緒に想像しよう!って感じの場が
つくれたらいいなーと
軽く考えていたのですが、

それってどーいうことだ ??

とみんなが混乱しながら、
そういうモヤモヤをお持ち帰っていただく
機会となりました。

 

福祉事業の外からシンプルに考えると、
福祉の中の課題って社会の課題の
縮図のような場所だと思っていて、
だからこそ、目の前の人に向けての
行動ひとつひとつは、
未来の人々の幸せのためにあるとも
言えるのです。

 

こんなことを、アートを使っての
商品開発のヒントを求めて
集まった人にするもんだから、
やはり、混乱しますよね。
でも、この混乱こそ
僕は近道だとも思っていて…
物事を生み出すためのきっかけは、
このモヤモヤであるべきです !!
(急に前向き)

 

よくある商品開発の失敗は、
商品開発が主目的となってしまっています。
つくらなくちゃいけないから
無理やり作り出した商品って
誰が欲しいんでしょうか ??
しかもこんなにものが溢れる世の中で!

 

あー、この頭の整理を
講座前にやっておくべきでした。
ここで文章書くコトで急に整理できました。
でも結果良かったのかもしれません。
モヤモヤは持って帰ってもらえたと
思うので。

 

あと、せっかくなのでもうひとつ。

 

そんな混乱の中でも
みなさん興味もってくれていたのが、
NOZOMI PAPER Factoryの仕組みづくり
(下記図参照)。

 

ユーモラな理想は掲げつつも
現実はこんなところから初めています。
この理想と現実のギャップが
みんなモヤモヤしている
原因かもしれませんね。

 

 


「HUMORABO」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA