やさしいおに ー 浅野理生

 

「ふくは〜うち!」「ふくは〜うち!」

今年の節分、みなさんは
どんな風に過ごされましたか?

 

子供の頃の節分の思い出として、
北海道の我が家では、
大豆ではなく落花生をまいていました。

 

おじいちゃんが
新聞紙で折った紙箱の中には、
豆のほかにチョコレートや
アメやお菓子がたくさん入っていて、
それを家中にまいてくれました。

 

家族中が歓声をあげて
部屋のあちこちにまかれたお菓子を
無我夢中でひろう。
キラキラした色とりどりの包み紙と
みんなの笑顔と福は内の掛け声。

 

私の父は船乗りで、
家に帰ってくるのは
年に数回だった我が家では、
父が外に出ているのを配慮して
「鬼は外」は言わないのが習わしでした。
今でもその習慣は抜けず、
鬼は外と口にするのは
何だか気持ちがソワソワするのです。

 

節分、そして鬼と聞いて思い出すのは
『おにたのぼうし』という絵本。

1

おにたは気のいい子どもの黒おにです。
古い麦わら帽子をかぶってツノをかくし、
困っているにんげんをこっそり助けます。

恥ずかしがり屋で優しいおにたは思います。
(にんげんっておかしいな。
おにはわるいって、きめているんだから。
おににも、いろいろあるのにな。
にんげんにも、いろいろいるみたいに。)

ある節分の夜、
豆をまかれて居場所を失ったおにたちは
豆まきをしていない
一軒の家にたどり着きました。
そこにいたのは
病気で寝たきりの母を看病する
小さな女の子。

2

3

おなかをすかせた女の子が
母についた優しいウソを聞いて
おにたがとった行動とは…。

いわさきちひろさんの叙情的な絵が、
更に切なく心に染み入り、
こわい鬼のイメージが変わる一冊です。
優しさも卑しさも、
すべては自らの心の中に。
心をオニにして、
優しさを育んでいきたいです。


「wagashi asobi」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA