3.12の真子さんへ

 

3.12の真子さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
祖先参り ” について。

 

苗字についての視点。
そこに目をつけるかと、
さすが真子さんだなと思いました。
おもしろい。

 

さて、小さい頃は
お墓参りが面倒でしょうがなかったのを
覚えておりますが、
この歳になるとようやく
その重要さがわかってきます。

 

お墓参りをするのは、参らないと

「故人に失礼だ」

というものだと思っていましたが、
そうではなく、
自分のルーツはもちろんのこと、
故人が残してくれた行いや言葉を
思い出し、それを自分の人生に
役立てていくきっかけを与えてくれる
大事なきっかけなんだと捉えています。

 

震災からずいぶん経ち、

「風化させるな」

という声が
仙台でも強くなっているのを感じます。

 

しかしそれは、

「忘れるのはけしからん」

というのではなく、

当時の経験をこれからの生活に
いかさねばならないので忘れてはならない。

ということなんじゃないかと。

 

歴史を学ぶのも、
これと同じ理由だと思います。

テストに出るから覚える。
常識として覚える。

ではなくて、

歴史上の出来事が、どう起こって
どこに影響し、どのように終わったか。

それを知り、いかすことで、
生活が格段に変わる。
少なくとも、私はそうです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA