3.13の赤木さんへ

 

3.13の赤木さんのコラムについて。

 

もんぺに続き、竹細工。
なんだかこのまま
日本の伝統工芸を一手に
引き受けてしまいそうな感じの赤木さん。
おじさまがたをしっかりメロメロにしつつ、
技術を身につけているようです。

 

さて、

人は基本的に「教える」ことが
好きなんだな。

ということを、
この仕事を始めて理解しました。

 

もちろん、私は教えるのが好きで
この仕事をやっているわけですが、
教えるのが好きなのは私だけではなく、
授業をしていると隣の子に教えたくて
ウズウズしている子をよく発見します。

 

そんなとき、私はいったん黙ってみます。

「ねぇ、先生! 教えてよ! 」

と来るのかと思いきや、
隣のわかっていそうな子に、

「ねぇ、どうやんの?」

と聞き始め、相手も

「待ってました!」

とばかりに教え始めます。

 

私としては
嬉しいやらさびしいやらですが、
これぞ、勉強の本来の姿なんじゃないかと。

 

勉強の本質はコミュニケーションです。
吉田松陰の松下村塾も、
松蔭が直接教えるのではなく、
生徒同士が議論しながら学んでおりました。

 

近年は、偉い先生を
ありがたがる傾向にありますが
もちろんその人の話も大事でありつつ、
それだけの一方通行では
学なり難し、なのではないかと。

 

学問という素材を介して
コミュニケーションをとる、

ということこそ
「学び」だと考えております。

 

そしてこれが成立する条件として
「敬意」があります。
教わる側はもちろんのこと、
教える側も相手がたに対する敬意がないと
コミュニケーションは成り立たず、
つまるところ、学びもありません。

 

国会だったり、なんだったりの
「ザ・平行線」をみると
やはりそこには「敬意」が欠如している故、
前進がないのかな、と思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA