3.17の増田さんへ

 

3.17の増田さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
 韓国から台湾へ! ” について。

 

国外で10年前のお仕事が続いている。
これはすごいことなのでは。
さすが増田さん。
三人力車の歴史が
とても気になるところですが、
それは次回を楽しみに待つとして、
今回は「背景を知る」ことの
大切さについて話してみようかと。

 

人に会うときや、旅行に行くとき、
可能な限り「背景」を調べてから
行くようにしています。
行き当たりばったり、
というのもおもしろいですが、
背景を知ってから行ったほうが、
頭の中のフックが増え、
情報の歩留り率が大きくなり、
新しい発見や驚きを生んでくれます。

 

実は勉強ができるかできないかも、
このフックの数が大きくものを言います。

 

これは私の場合ですが、
入試問題文をみると、答えやヒント、
見るべき箇所が向こうから
手を振ってきている錯覚に陥ります。
(シラフですよ)

 

その部分をみれば、
迷うことなく早く正答を導ける…
ということなんですが、
これはなにも私がビックリ人間なのではなく
フックをたくさん持っているからに
他なりません。

 

問題の意図やパターンを知っているので、
(つまりこれがフック)
それらが勝手にフックに
かかってきているだけです。

 

問題を早く解く!

と意気込んで勉強している人がいますが、
どれだけ頑張っても、
ただ解くだけでは早く正確には解けません。

 

はじめはじっくり解いて、
問題の背景である出題者の意図や、
出題パターンを頭に叩き込む。
それを繰り返してフックを増設していけば

早く解くぞ!

と意気込まなくても、
自然と早くできるようになります。

 

日常できる訓練としては、何事にも

「はて、これは何ゆえ?」

と考える癖をつけるといいですね。

 

アルコールも解禁になったとのことなので
ぜひ近々飲みましょう〜。
(石巻にいるのかな?)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA