桜の季節。手焼き煎餅職人さん入居!

 

「メゾン木かげ」管理人の髙羽です。

 

東京は早々と桜が開花し、
今日明日でお花見を予定している方も
多いようです。
そんな中、新型コロナウイルスで
休日の過ごし方が
何かと制限されていますね。
予防に気を配りつつも、

桜の花をこじんまりと愛でるくらい
ゆったりとしたいものだなあ。

そんな心持ちでおります。

 

さて、そんな桜の季節に
新しく入居されたのが
手焼き煎餅職人の横山俊二さん。

             イラスト 金川カモメ

 

千葉・銚子の銘菓といえば「ぬれせん」
(ぬれ煎餅)。
横山さんは、その「ぬれせん」発祥の店の
三代目店主です。

 

以前、店頭にて
一枚一枚煎餅を焼いている姿を
お見かけしたことがあるのですが、
まるで思慮深い僧侶のような佇まい。
ところがお酒を飲むと…。

 

さて、これからどんなことを
語ってくださるのでしょうか。
横山さんの書き込みに注目しましょう。

 


コメント1件

  • 横山俊二 より:

    金川カモメさん、実物以上に明るく表現頂きまして、ありがとうございます。嬉しいです!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA