4.11の鶴岡さんへ

 

4.11の鶴岡さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
“ 今しかできないこと ” について。

 

(塾は)自ら上がろうと働きかけなければ
なにもしてくれません。

という鶴岡さんの言葉。
塾を運営している私からすれば、

「そんなことないですよ!」

と否定…
するかに見せかけて、
ザッツライトなご意見だと思います。

 

本人に意志がないのに
成績を上げるのは至難の技。
まさに「のれんに腕押し」
といったいったところで、
お尻を叩いている時間がもったいない。

 

が!
だからといって、
そういう人を放置しない、
というのがclue zemi
やりたいことでもありまして。

 

では、
どうやったら、やる気のない人に
勉強させることができるのか。
多くの大人は、
「厳しくする」ことが
解決法だと考えます。

 

しかしながら、
やる気のない人に厳しくしたら、
ますますやる気がなくなる、
または我慢しすぎて
勉強が嫌いになる、という
結果になるんじゃないかな、と。
私がそうだから。

 

自分だったら
どういう形であれば勉強するだろうか?

そんなことを考えながら
clue zemiを運営して9年。
ひとつパターンを見つけました。

 

音楽に詳しかったり
スポーツに秀でているやつが
勉強していると
周りがなんとなく勉強を始める

というもの。

 

coolなやつが勉強していると
その行為がcoolにみえて
周りも自然とやり始める理論
と私は呼んでいるのですが。
特に受験学年にcoolな人が現われると
その人を中心に成績が上がっていくという。

 

そういう意味で、
やっぱり勉強もカルチャーなんだな、と。
きっかけはなんでもいいじゃないか。
なんだかわかんないけど、
あいつが勉強してるのかっこいいな、
というマネから入っても。
なんて思います。
服とか音楽とかと一緒です。
上から決めつけても
カルチャーは生まれません。

 

私も5lackが好きで。
彼のリリックには

よくわかんねぇけど
なんとなく
いろいろあるけど

なんて言葉が多いから
好きなのかもな〜なんて
アンサーを書きながら思いました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA