感じること ー 赤木美名子

 

ここへ来たときは
山暮らしの術も
農の知識もなかったから
知る前にまずは感じることができた。

 

置かれている環境や状況を
体いっぱいに感じ、
暮らし続けることで頭と心を耕す。

 

気づかないうちに身についていて、
あるとき身についたことに気づき、
知ることでまた育っていく。

 

パタンナーという職業柄
しっかりと頭の中で考えてから、
全てをはじめたいというわたしは
苦しむかと思ったけれど
知らないことを認めてしまえば
価値観は音を立てて総崩れ。
とても気持ちがよかった。

 

パタンナーが
CADで設計をはじめて20年くらい。
日本で一番早く
CADを学ばせてもらった。

 

定規を使って自分の手で
線をひいていたのに
いつの間にか
CAD設計の術が身について
1ミリの10分の1の数字まで測れる
ソフトに飼い慣らされ
自分がひく線にも
常にキリのいい数字を求めてしまう。
でも、この突き詰めた数字にも
また違った感覚から
気持ちよさを感じている。

 

今までで一番早い春。
雪解けに合わせて
山菜や雑草の成長が早く、
いつもは雪が残っている地面も
早々と緑色に。
雑草をはじめとする植物は
日々環境に合わせて生き延びようとする。
巧みすぎる戦略を持っていることを
ここで共生して感じている。
小さくて、動くことができないのに
知恵と力があると。

 

 

今年は小規模で深い農にして、
もんぺ製作所に注力するつもりだった。
でも今は土があるところに
できるだけたくさんの種を蒔き、
苗を植え、頭と心も
耕さなければと思い始めた。

 

近年の干ばつ、小雪など異常気象、
今のこの状況を受けて、
ここで暮らす意味を娘に伝え、
自分の役割を感じるためにも。

 

変更した戦略は
雑草と知恵比べをすること。

 

 

「lineaとむすひ」web
「もんぺ製作所」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA