4.17の長谷川さんへ

 

4.17の長谷川さんのコラムについて。

 

アイリスオーヤマといえば仙台の会社。
はじめは大手電機メーカーの
廉価版コピーを作っている会社だと
思っていたのですが、ここ数年は
大手メーカーを超えるクオリティ、
かつ価格も抑えてくれるので、
選択時の有力候補になっています。

 

クオリティ、価格もさることながら、
アイリスオーヤマ製品が
おもしろいのはその着眼点。
痒いところに手が届く、というか。

そうそう! その組み合わせだよ!

と膝を打ってしまう商品群。

 

うちにもいくつか
アイリス製品がありますが、
一番のお気に入りは
除湿機にサーキュレーターがついたやつ。
浴室乾燥に比べ電気代を抑えつつ、
すごい勢いで乾燥させてくれる
ナイスな代物です。

 

この危機的状況に
アイリスオーヤマがどう動くのか?
ということは気になっていたのですが、
まさか遠く東京で
長谷川さんを熱くさせているとは!

 

アイリスオーヤマの回し者でも
なんでもないのですが、
この会社の変遷だったり、
社長さんの考え方を読むのが好きです。

 

この会社のターニングポイントは
オイルショックなんだとか。
壊滅的な状況があったから今がある。

 

受験を「負けなられない戦い」
と表現することがあります。
この言葉は嫌いじゃありませんが、
多くの人が「不合格=よくない」、
つまり、「勝てない戦いはするな」
と解釈している気がします。

 

「サイヤ人理論」と個人的には
呼んでいるのですが、
やっぱりギリギリの戦いこそ
人を成長させると思うので、
受験生の皆さんには、

どんどんヤバい戦いに
身を投じていただきたいな、

と思うのです。

 

私と長谷川さんの多浪生コンビは
もうだいぶひどい状況を
経験してきたので、
「どん底」トークは得意です。
どん底の世界とどん底で得られるもの、
そんな話が気になった方は
ぜひご連絡ください。
(ね、長谷川さん)

 

先日、ちょこっと長谷川さんと
メールのやりとりをしたとき、
経営者として
コロナ禍のこのヤバい状況で、
なんだかニヤニヤした文面を
送ってくるものだから、

あ、この人は本物だな、

と思ってしまったのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA