こわがらずに言ってみる ー 浅野理生

 

みなさん、こんにちは。
最近言いたいこと、
ちゃんと声に出して言っていますか?

 

嫌だとか、やめてとか、断ったり、
相手と違う意見を言うなどは、
なかなか難しいことかもしれません。

 

そういうわたしも
昔は思っていることを言葉にして
誰かに伝えるのはとても苦手でした。

 

それは違うのではないか、

と心の中では思っていても謝ったり、
気持ちと言動がちぐはぐでした。

 

しかし、一度恐る恐る自分の意見を
相手に伝えてみると、
なんとそれが通ったことで、

言えばわかってもらえるんだ!

と成功体験を味わったのです。

 

それからは自分の考えが
相手と違っていても、
臆することなく言えるようになりました。
もちろんそこには、

「みんな違って、みんないい」

という気持ちを忘れずに。

 

そこで今回のおすすめ絵本は

「あいうえおの き」

ちからをあわせた文字たちのお話です。
レオ=レオニさんの絵に
谷川俊太郎さんの言葉が添えられています。

 

 

葉っぱの上で風に吹かれ、
バラバラに暮らしていた文字たち。
ある日やってきた虫に
言葉を紡ぐよう叱られます。

「なにか、だいじなことを
いわなきゃだめだ」

 

 

 

そうしてひとつひとつ
バラバラで行動していた文字たちは
まとまった言葉を紡ぎます。

「ちきゅうにへいわを
すべてのひとに やさしさを
せんそうは もう まっぴら」

 

今の日本に、世界に、人類にとって、
とても大切な言葉を聞いた気がしました。

 

これを機に、今まで言えなかったことを
伝えてみてはいかがでしょうか。
応援しています!

 


「wagashi asobi」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA