最近のお仕事事情 ー 藤 貴子

 

 

皆さん、
おうち時間いかがお過ごしでしょうか。

 

外出自粛要請でテレワークが推奨されたり、
イベントなども中止や延期が
相次いでいますね。
私も芝居仲間から
沢山の残念なお知らせをもらい、
心が痛かったです。
ところで、私は現在、声優をメインに
お仕事させていただいているのですが、
この度のコロナ禍で
その仕事にも陰りが見えてきました。
軒並み、延期になっています。
それもそのはず、
収録現場は「三密」にも程がありますから!

 

大して広くないスタジオに、
約10人〜20人、多い時には30人以上!
それがひしめき合いながら、
大声で台詞を言ったり、
叫んだりするのです。
もちろんマイク前ではマスクはできません。
窓がないので換気もほぼ無理。

 

なので、宅録やリモート収録に
切り替わるかも…という話が
出始めています。
すでに、テレビやラジオではリモート収録が
多くなってきているようですしね。

 

ただ、日本のアニメや吹き替えの収録は、
声優が一堂に集まり一緒に芝居をすることが
尊重されてきました。
声だけの芝居と言えど、
きちんと相手の台詞を聞いてから
自分の台詞を言う。
それだけで、言い回しや感情の込め方も
違ってきます。

 

どちらが正しいというわけでは
ありませんが、
海外では基本的に一人一人
録るらしいんですね。
だから、海外のクライアントさんが
日本の収録現場を見学しに来ると、
皆さん驚かれるそうです。
数人が入れ代わり立ち代わり
3〜4本しかないマイクに入り台詞を言う…
そのフットワークの見事さが、
まるで舞台を見ているかのようだ、と。

 

あ、私はかなり鈍臭いので、よく失敗して
マイクに入れなかったりもしてますが、
アハハ…

 

それはともかく、いつまでも
相手の息遣いや熱量を感じながら
お芝居したいものです。

 

普段の生活でもそう。
早く友達や仕事仲間と、
思いっきりおしゃべりしたい!
ご飯食べたい! 笑いあいたい!

 

コロナが終息したら、
ガッツリ「三密」するぞーーー!

 

 


「藤 貴子Twitter」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA