5.1のyuriさんへ

 

5.1のyuriさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
“ 家訓の話 ” について。

 

新学年になると、
定期テストが近づくと、
夏休み前になると、
必ず求められるのが「計画」です。

 

とにかく計画だ!
計画なくして成功なし!

なんてことを
大人から散々言われるものですから
何事にもまずは計画づくりに精を出す。

という方が多いかもしれません。

 

しかし、受験生をみていて
失敗する例ベスト5に入るのが、
「計画しすぎる人」です。

 

綿密な計画…というと
聞こえはいいですが、

計画ばっかりで、中身は全く。

という人はけっこう多いもので。

 

勘違いしている人が多いのですが、
計画している時間は
勉強時間ではありません。
いくら計画したって、
勉強しなきゃ点数は上がらないわけで。

 

んなことわかってるよ!

と言われそうですが、
計画8割 勉強2割って人
ずいぶんいますよ。

 

ほんとうは計画よりも
もっともっと大事なことがあります。
それが、「はじめの一歩」。

 

とにかくページをめくる、
計算をする、読解を始める。
それをやってく中で、
まずいところがあれば
その度に軌道修正していく。

 

最初っから完璧な計画なんて
できるわけないし、
考えるだけ時間の無駄です。

 

そういうのを

「畳の上の水練」

と言います。
理屈云々の前に、
まず飛び込まないといけません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA