シンプルに ー 鶴岡達悦

 

永井さんからのお返事
いけてるやつを中心に
やる気になっていくのですね。

 

ぼくはなんでやる気になったんだっけなー。
やはりだれかに憧れたのが
きっかけかもしれません。

 

て言うか今でも憧れが
モチベーションになっています。
いいな、かっこいいなと思う事、物、
人を求める気持ちが
行動につながっていきますね。

 

ぼくはアラームアプリを
ミュージックライブラリと
連動させています。

 

今日はYMOのPERSPECTIVEが
かかりました。
朝起きてから寝るまでの毎日のやることと、
別れていく人々を歌っています。
ぼんやりした頭で聴きながら、
シンプルに生きたいな、と思いました。

 

perspective の意味を調べると、
考え方、事物の様相、展望、
などとあります。
少し離れて全体を見るといった
ニュアンスなんですね。

 

少し離れて全体を見てみようとすると、

あれやんなきゃこれやんなきゃ、
でもめんどくさい、スマホいじって、
腹減って、眠い、頭かゆい、むにゃむにゃ…

といった感じで
あっちこっちに意識はふらふらさまよい、
欲求に支配されていて、
とてもシンプルとは言えません。

 

おととし、2018年の暮れ、
三重県伊勢市の猿田彦神社で
友人の結婚式があったおり、
伊勢神宮にお参りしました。
そこは古来からの神々を祀った
清浄な空間が広がっていました。

 

 

電線などないよく手入れされた参道を、
玉砂利のザクザクいう音を
聞きながら進んでると
鼻から頭にかけて
雑念がどばっと洗い流されて
すこーんとスッキリ清々しくなったことを
覚えています。

 

聖域を隔てる門には喜捨箱があって、
その上から垂らされた布が
ゆらりゆらりと風で踊り、

神々のめぐみは絶えず
与えられているのだなー。

という気にさせられました。
よかったなぁ~。

 

宮藤官九郎も
『真夜中の弥次さん喜多さん』で
描いていますが、
一生に一度はお伊勢参りと
言われているのに納得してしまいました。

 

友達のおかげでぼくはたまたまいけたけど、
コロナが落ち着いたら
家族みんなでお参りしたいなー。

 

こちら目覚ましで
シャッフル再生してるプレイリストです。
よかったら聞いてみてください!
https://music.apple.com/jp/playlist/chill/pl.u-e98lGpEUWAVgbV

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA