生き恥と悔恨そしてウソップ ー 佐藤天翔

 

 

「俺は見栄っ張りでかっこつけ」

最近気づきました。
もうタイトルから出てるよね
かっこつけ感が。笑

 

どうにも分かっちゃいても
かっこつけずに
いられなかったみたいなんです。

 

なんでこんなに
かっこつけちゃうんかなーっ!

って考えてみたんですよ。
1つ分かったことがありました。

「あ、俺自分の弱さとかカッコ良くないとこ
めっちゃコンプレックスだ」

 

小学生の時、
ワンピースのルフィに憧れてたんですよね。
強いし、真っ直ぐだし、
図太いし、彼は折れない。
THE主人公タイプ。

 

だけれど、
どうにも元々僕が持っている気質が
ウソップぽいんですよ。笑

 

怖がりだし、葛藤しているし、
繊細で、人間らしい弱さがある。
THE脇役タイプ。

 

ウソップの有名な嘘。
部下なんて一人もいないのに

「八千人の部下がいる !!! 」

 

僕もそういうこと言って
話を盛っちゃうタイプ。
彼の気持ちは痛いほど分かる。
分かってしまう。

 

そんな自分が結構嫌いで、
ずっとウソップから
ルフィになろうと無理してた。

 

怖がりなのを克服したくて
空手だって始めたし、
繊細なのに図太いフリをしたりして
生きてきたり。

 

でもやっぱり怖いものは怖いし、
いつまでたっても繊細です。
中々自分で自分のウソップな部分を
認めて上げることができなかった。
だからたくさん自分を責めました。
だってルフィになりたかったから。

 

でもね。どこまでいっても
結局ウソップなもんはウソップって、
やっと、本当にやっとのことで
最近気づけました。

 

案外僕にとって大事だったことは
ルフィになろうとすることじゃなくて、
ウソップなことを認めて、
それと向き合って生きていくことだった。

 

それを認めてはじめて先に進める。
自分のできることと向き合える。
自分にしかできないことに気づける。
自分らしく生きることができる。

 

今は、怖がりなのに、繊細なのに、
頑張って闘っている彼のことを
かっこいいと思うし、
だれよりも人間らしい彼のことが、
結構好きです。

 

ようやく前よりはかっこつける必要が
少しだけ無くなってきたかもしれません。

 


square__man__ Instagram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA