会えない時間が愛育てるのさ ー 藤 貴子

 

「Stay Home」にも随分慣れて、
あまりストレスを溜めずに
過ごせるようになってきましたが、
今日、緊急事態宣言の全国解除が
表明されました!

 

5月に入ってから、声優業界は
徐々に動き出してきていて、
延期になっていた作品だけでなく、
新作のお仕事にも少しずつ
呼んでもらえるようになりました。

 

前回の書き込みでお話した宅録などは、
一部で行われているようですが、
私は未経験です。

 

しかしながらスタジオ収録だと、
収録ブースが「三密」になってしまうのが
気になるところですが、スタッフさんが
かなり気を遣ってくれています。

 

基本的には一人一人別々に収録。
人の入れ替え時には
サーキュレーターを使って換気。
もちろん、マイクやヘッドフォンの消毒も。

 

別録りはちょっぴり寂しいですが、
ディレクターさんやスタッフさんに
会えただけでも
抱きつきたいくらい嬉しいですね!
でも、我慢してエアーハグ。

 

大きなスタジオに行くと、
別作品で来ている人達とすれ違ったりして、
これもまた嬉しい。
ここでも、やっぱりエアーハグ。

 

たった一ヶ月とちょっと
人に会えなかっただけで、
こんなにも会えた時の喜びが
増すものかと驚きました。
遠距離恋愛してる恋人同士みたい
(経験ないですけど)。

 

私もそうですが、大体皆さん、
会った時はソーシャルディスタンスを
とりながらも、物凄く喋りますね。
時間が長くならないよう
気をつけてますが、勢いが凄い!
私の事務所のマネージャーさんなんて、
電話もなかなか切ってくれない(笑)。
いかに喋ることに飢えているか!

 

そして、喋ることに飢えているのは
お仕事においても同じです。
ですが、久しぶりに
マイク前に立ったことで、
台詞を言って表現できる場を
与えてもらえた有難さを
改めて感じましたし、

もっともっと大事に演じていきたい、

と思えました。

 

おうち時間で映画や海外ドラマを
ご覧になる方もいらっしゃるかと思います。
そんな方々のためにも、
微力ながらお役に立てるよう
精進していきたいと思うこの頃です。

 


「藤 貴子Twitter」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA