5.27の檜垣さんへ

 

5.27の檜垣さんのコラムについて。

 

高校が私服だったせいか、
服は好きで、昔からかなりの額を
散財している気がします。

 

今は

「動きやすくて、
何も考えずに着れるもの」

というところに落ち着いていますが、
振り返ると、
ずいぶんいろんな格好をしてきたなぁと。

 

男子中高生は
ほとんどそうだと思いますが、
服は聴いている音楽にリンクしていて。
昔の写真をみると、
当時何を聴いていたかが
すぐにわかるという、あるある。

 

ほんと血眼になって、
欲しい服を探してたし、
洗濯もずいぶん気を使ってました。
今はもう全部手放してしまったけれど、
自分にとってはしっかりとした
ストーリー性がある服たちでした。

 

さて、勉強の話をしてみますと、
成績が突然伸びる人の共通点として
勉強に「ストーリー性」を
持たせていることのような気がします。

 

内なる何かに突き動かされて、
突如勉強をし出した人。
長年この仕事をやっていますが、
間違いなくそういう人がいちばん強いです。

 

成績を上げる、という話をして、
多くの人が真っ先にあげるのが、
いい塾だったり、いい先生のことだったり。

 

でも、雑誌そのままの格好をしても
いまいちピンとこないのと一緒で、
内側からの何かがないと、
勉強もなかなか
身につかないかもしれません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA