ちょっと先の楽しみ ー 鶴岡達悦

 

前回紹介したプレイリストを、
永井さんに気に入ってもらえたようで
うれしいです!
テレビでYMOを
最近よく見かけるというのは初耳でした。

 

子供の頃は
新聞の4コマ漫画→テレビ欄チェックで
おもしろそうなのを探す
ルーティンがありましたが、
今は新聞もとってませんし、
テレビをつけることがあっても、
一通りザッピングしてはYouTubeか
ネトフリなどに流れてしまい、
定期的に見てるのは
NHK教育の日曜美術館くらいのものです。

 

久々に番組表をチェックしてみました。
ざーっと見て気になったのは、
これまたNHK教育の「デザインあ」と、
テレビ東京の「100年の音楽」でした。

 

とりあえず録画予約しておきました。
ちょっとした楽しみが
先にあるのっていいですね。

 

2018年の夏に
21_21デザインサイトでの展示、
『AUDIO ARCHITECTURE』
に行きました。

 

「デザインあ」の音楽もやってる
Corneliusの楽曲を元に、
作家たちの制作した映像作品群が
一堂に会した展示でした。
それぞれの解釈によって一曲から
様々な作品が生まれていました。

 

もわ~っとギラギラ暑いビルの間の空と、
青々とした芝の世界から一転、
地下の展示空間はひんやりとした
コンクリートの暗がりに響く重低音と、
計算し尽くされた
光のトンネルがありました。

 

非日常的な体験を求めて
人は美術館に行くと
村上隆がなにかで言ってましたが、
スチャダラパーの新作アルバム
『シン・スチャダラ大作戦』の
「やっぱりひねくれたいの」で
ロボ宙は言ってます。

“笑えないジョークのよな日常には笑い音楽が必要”

たしかに。

 

たった今、渡邉知樹さん
ピアノアルバム『光の雨』を注文しました。
楽しみだぜ~!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA