新しい習慣 ー 青羊(けもの)

 

2年くらい前に

「ずっとやりたかったことをやりなさい」
(ジュリア・キャメロン著)

という本と出会った。

 

「朝に頭に浮かんでくることを
ありのままに綴った手書きの文章」を
この本の中では

「モーニングページ」

と呼んでいる。
目的は「創造的に生きる方法を明らかにすること」だ。

 

これを読んで以来「モーニングページ」を
書くようになったけれど、
やる日もあればやらない日もあって、
創造力が養われた実感はないまま
時が過ぎた。

 

そして1ヶ月前、
ゴールデンウィークの頃から
「モーニングページ」を
毎朝書くようになった。
コロナのせいで時間に余裕が出来たこと、
曲作りのヒントが欲しかったことが
キッカケだったと思う。

 

更には井上新八さんのnote
偶然出会った。
井上新八さんは年間200冊くらいの本を
デザインしている方で、
noteには数多くの仕事をこなしている
ヒントが書いてある。

 

その中に

「日記を毎日書く」

とあり、日記は
「朝、手書きで書くのが良い」
という点が「モーニングページ」と
共通していた。

 

「モーニングページ」は
頭に浮かんでくるものを書く、
一方「日記」は
記録の側面が強いという違いがある。

 

私は、頭に浮かんでくることと
昨日の出来事の二つを混ぜて
ノートに書いている。
そして、その文章を
私は「日記」と呼ぶことにした。

 

「日記」だけだと継続するには弱いので、
新八さんのアドバイス

「続けるコツ=小さなことをセットにする」

を基に以下のような
モーニングセットを作ったらしっくり来た。

 

散歩(20分〜70分)

コーヒー淹れる

ヨガ(5分)

コーヒーとノートの写真を
インスタグラムに投稿

スマホのSiriに
20分のタイマーをお願い

日記を書く(20分)

 

このセットをやらないと
落ち着かない程に馴染んできつつある。

 


「けもの」Web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA