たくさんの一面  ー 柴 恵

 

ファーストフード歴
10年くらいになるでしょうか。
その間、息子が専門学校生のときに
同じ店舗で働いたことがありました。

 

息子は高校生の時はスーパーや
コンビニでアルバイトをしていたので、
仕事をすることは
特に心配事はなかったんです。
しかし、実際に同じ店舗で働き始めると
気になる気になる。

 

家での息子を見ていると
人見知りであまり自分から
ワイワイしているところには
入りたがらない。
そんな会話をしているから
同年代がたくさんいるファーストフード店で
やっていけているのか?

 

新人さんが店舗に入ってくるときの
心配ではなく、
母、家族としての心配がムクムクと。

 

母である私と仕事をするのは
お互いに思うところがあるので、
実際に息子の仕事を
そばで見たのは数える程度。
一緒に働かなくても
同じ時間に入っているバイト仲間さんに

「人見知りだから
あんまり絡み無いでしょ?
ちゃんとやれてる?」

なんて聞いちゃったりして。

 

でも、意外なお返事が返ってきましたよ。

「そんなこと無いですよ!
結構楽しくみんなとやっていますよ」

と。
ちょっと驚き。
でも家での息子だけが
全部ではないですよね。

 

私だって家にいる時、
事務の仕事をしている時、
ファーストフード店、
キャンドルの活動をしている時、
それぞれの顔がありますしね。

 

一緒の仕事を体験したおかげで、
息子の違う一面を
見ることが出来てよかったなと。

 

一方からの見方で凝り固まりがちな自分が、
複数のわらじを履いて体験したことから
知らなかった世界を垣間見て
柔軟な考え方を取り入れられたこと、
とっても良かった。

 

これからもどんな世界が待っているのか
ドキドキワクワク楽しみ。

 

約20年前の息子と

 


柴 恵ブログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA