つくってみよう、あたらしい生活様式 ー 山田和寛

遅咲きのトマトたち

 

冷蔵庫の中で
ジュクジュクになってたトマトを発掘し、
種をほじくり出して植えてみたら
芽が出ました。
トマトの生命力には感服しますね。
かくありたいものです。

 

そんなこんなで、世界中で
「あたらしい生活様式」をせよとの
大号令が出され、
自分はどうしたもんかなと
思うわけなんですけど、
そもそも都内在住でありながら
通勤はしない、酒も飲まない、
ギャンブルもしない、
家が好きという性格なので、
逆に世界が自分に追いついてきたな、
という気がしています。

 

最近は自分専用の家具が
作りたくなってきたので
木工のためのツールや手法を学んでいます。
もともと立体のデザインがしたくて
美大に進学したということもあって
木工のことを考えるのは楽しい。
自分の手で自分のために
ツールを設計して生活する、
これを自分にとっての標準的な
ライフスタイルにしていきたいものです。

 

僕のものづくりの思想には

「アイデアは思いついてから
すぐに手を動かさないと永久に実現しない」

という考え方があって、
思いついたらとにかくなにかに描き付ける、
実現する手法を調べるという瞬発力こそが
ものづくりをする人間に
必要な素養だと思っています。

 

ただ自分の場合は
何かを「つくる」ことに特化しすぎていて、
もうちょっと他のことにも
目を向けないとね。
とも思うわけですが…。

 


nipponia」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA