6.26の藤さんへ

 

6.26の藤さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
息子のおうち時間 ” について。

 

コロナが明けて(明けたのか?)、
現実に戻ったのは
子どもたちだけではなかったようで、
藤さんと同じように

「えー! マジー !? 」

と叫ぶ毎日でございます。
(それにしても素敵な息子さん)

 

いまだにコロナ前、
どのように生活していたかを
全く思い出せずにおりまして、
どうにも窮屈でならない感じです。

 

勉強についてはコロナによる
「勉強の遅れ」が
叫ばれておりますが、

必ずしもコロナの影響が
全てネガティブなものでは
なかったんじゃないか?

というのが私の感触です。

 

これまで忙しくて疎かにしていた

「じっくり考えること」
「おうちの手伝い」
「家族で過ごす時間」

などを行う
いい機会だったのではないかと。

 

勉強が学生の本分とはいいますが、
やっぱりそれと同じか
それ以上に大事なことはあるわけで。

 

そんな時間を過ごせたみなさんは
画面越しながら、
ずいぶんいい顔をしていたような。

 

今年後半は、
「勉強の遅れ」を取り戻すために、
かなりタイトなスケジュールが
組まれています。

 

殺伐とした年末を迎えないことだけを
心から願うわけであります。
私自身、既にそうなりつつありますが。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA