学校では教わらない大事な勉強 ー 長谷川純子

 

学校って、
すごく色々教えてくれる場所ですよね。
勉強だったり、集団生活だったり。

 

ただ、人生において、
すごく大事なものは、
自分で学んでいかないと、
全く知らずに終わる事も多い。

 

私は、今でこそ、本を色々読みますが、
昔はもっぱらマンガを読んでいました。
お小遣いもほぼないから、
自分ではあまり買えず。
6歳離れた兄が買っていたマンガを読むのが
好きでした。

 

当然、兄の趣味なので、
『モーニング』『ジャンプ』
『マガジン』『スピリッツ』『近代麻雀』
こんなラインナップ。
この中で1番、人生の役に立っているのが、
確実に『週刊モーニング』。

 

さて、私のマンガからの知識で
役に立ったこと。
clue zemiに通う若い人にも知っていて欲しい。

 

そこで、

「はい!
これ人生のテストで出てくる事あるよ!
知っていて損ないよ!」

という授業です。

 

今回の授業は「脳梗塞の対処法」
私は母親が50歳で脳梗塞をしました。
発見したのは私です。
家に帰るとテーブルの下で
横たわっている母を発見!
こんな時、どうする?

 

答え。
絶対に触らない!

 

これ大事。
そっと手首か首を触り、脈があるか、
もしくは息をしてるかを確認します。
そして、すぐ救急車。
体が冷たいなら、
毛布をかけるといいですね。
ここで、間違っても

「ママ! 起きて」

と揺さぶってはいけません!

 

いつもはかかないような
大きなイビキをかいている場合も
同じく触らない!
これは「くも膜下出血」の可能性あり。

 

どちらにしても、
声をかけてみたりするに留めて、
動かさない事が大事です。

 

ちなみに、
これは『島耕作』から学びました♪

 

花畑団地歯科のマンガはのマンガは
『モーニング』連載物でぎっしり(。>∀<。)

 

 


エステサロン「Heilen」HP


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA