いい塩梅 ー 赤木美名子

 

おにぎりの具で一番好きなのは梅。

 

梅はその日の難逃れ、
朝夕1個食べれば医者いらずといわれる
飢饉食、薬用にもなる日本の宝。

 

梅干しを想うだけで唾液が分泌される。
1粒で圧倒的な存在。
カッコいい。

 

自分の梅干しをつくりたい。
原野の庭には桜ではなく、梅を植樹した。
ほころんだ梅の花にうっすらと積もる雪、
桜にはない高貴な香りも梅の楽しみ。

 

 

梅子か、櫻子か、娘の名付けも悩んだ。
娘櫻子が大切にしている
猫のぬいぐるみは
彼女が『ウメ』と名付けた。

 

東京を飛び出し、
ここにきてすぐに梅農家さんを探して
はじめて梅を漬けたのが7年前。
我が家は米農家。
新米の時期に昔ながらの梅干しを
押し付けでサービス。

 

梅干しが楽しみと言われて調子に乗り、
作り続け、送り続けてきた。
毎年少しずつ残しておいた
梅干しコレクションをここで一旦整理。
もったいなかったけど食べ比べてみた。

 

 

結果
1年目の梅は鮮やかな赤。
すっぱい、しょっぱい。味にも鮮やかさを感じる。

 

3年目の梅は深い赤。
全体がこなれて、THE梅干し。

7年目の梅は赤黒い。
塩分の角がとれてマイルド。
梅干しを超越したビンテージ。

 

今年引き継いだ田んぼの地主さんから
「梅の木もどうぞ」と言われ
連日梅の木に通い、登り、
竹の棒でたたいて実を収穫。

 

 

昔は20%以上あったという塩分も
減塩ブーム。
土用干しもしない梅漬け。
本物の梅干しが少なくなってきた。

 

梅を完全自家調達、もろもろ整ったので
念願の梅干し屋をはじめます。
無農薬の梅を天然塩18%で漬けこみ
しっかり3日天日干し。

 

 

7年かけて【いい塩梅】を手に入れた。
頑固にいこう。

 

「lineaとむすひ」web
「もんぺ製作所」


コメント1件

  • 山崎喜雅 より:

    梅干し段々町の人は作らなくなりましたね。長く続けて梅干しばあさんになってください。
    昔、郡上八幡の母の実家の床下から100年前の梅干しが見つかりました。その当時あまり興味なかったのでどうしたか覚えてませんが新聞には出た記憶はあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA