7.14のnashinokiさんへ

 

7.14のnashinokiさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
“ 初めて知ることー状況を含む言葉 ー
について。

 

質問をする

という行為は、
学生のみなさんにとって
けっこうハードルの高いものらしい。

 

ものらしい、というか
私自身も学生のとき
ほとんど質問した覚えがありません。

 

質問するにはある「資格」があって、
まず礼儀正しいことと、
ちゃんと知識があること。
難しい問題以外は聞いちゃいけない、
理路整然と質問しなくてはならない、
みたいな認識がありました。

 

そんな決まりは当然ないのですが、
そう思ってるのは
昔の私だけではなく、
今の子たちもそのようで。

 

塾を開設するとき、
譲れなかったことの一つに

「いつでも質問できること」

というのがありました。

 

勉強がうまくいかない理由の多くは、

「謎を謎のままにする」

ことだったりするので、
とにかく質問しやすい環境をつくろうと。

 

そうすると、
ネックになってくるのが

「礼儀ただしさ」

「理路整然」

それを取っ払った結果が
今のclue zemiなわけで、
いわゆる、
「雑」「乱暴」な塾。

 

「なんかモヤっとします」

という質問の仕方はまだマシな方で、
だいたいは

「わかんねー」

という発言。

 

これもまだいい方で、
最終的には彼らの「不機嫌さ」から
理解度を探る、という、ある種、
名人芸的なこともやっています。

 

そして講師としても、
「礼儀正しさ」で覆われた人の対応には
実は困ったりもします。

 

なんか壁があって、熱量が感じられず、
どこがわからないのか探るのが
難しいのです。

 

勉強は感情のぶつけ合い。
雑で無礼な質問こそ、
わたし達講師陣からより良いアンサーを
引き出す要素なのかもしれません。

 

例えるなら、孫悟空と亀仙人。
ああいう関係が理想なのではないかと。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA