家族旅行の思い出 ー したたむ(哲子)

 

私が子供の頃の家族旅行は、
母の「行くよー!」の掛け声で、
割と唐突に始まっていたように思います。

 

父、母、妹、私の4人旅は、
子供だから知らされてなかったのか、
何なのかは良くわかりませんが、
行き先も、

雲を足下に見たい!

とか、

雪に触りたい!

など、漠然としたもので、
もちろん宿も決まってない事がほとんどの、
行き当たりばったり旅です。

 

なので、施設がお休みで閉まっていたり、
泊まるところが見つからず、
車中泊になる事も珍しくありませんでした。

 

ある冬の旅では、もう廃業した民宿の方が、
行き場のない私達を可哀想に思ったのか
泊めてくれて、
まるで親戚の家に来たみたいに
そこの家族と一緒に食卓を囲んだり。
ある夏の旅では、
夏合宿の学生と海の家で雑魚寝したり。

 

どう考えても母の思いつきに
皆が巻き込まれる形のものだったのだが、
そういう旅の方が思い出に残っているし、
今の

「まあ、何とかなるだろう」

マインドを育んだのは、
子供の頃の家族旅行だったのではと
思っている。

 

同じ親に育てられ旅行も一緒だったのに、
妹は石橋を叩いて渡る慎重派に。
彼女に聞いたら同じ旅行でも
違う景色が見えていたのかな、
と思ったりします。

 

「したたむ」web


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA