短編映画 ー にわつとむ

 

ベストセラ―「夢をかなえるゾウ」の著者、
水野敬也さんが新刊で、
夢の諦め方、手放し方を書いた
秀作を出版したとのこと。
これも時代の流れなのか?

 

内容的には決して後ろ向きな内容では
なさそうですが、成功法則のような
イケイケの内容が隆盛を極めた
時代でないのは確かです。

 

とある俳優さんが語っていました。
コロナによって、
これからは専業だけで
俳優をやっていける世の中ではないと。
これこそ夢の諦め方か…。

 

まあ、そんなことで
諦めるような夢だったら
とっくに諦めているわけであって、
俳優で成功する夢を持てないなら、
死んだほうがましってくらい
好きでたまらない仕事だから
死ぬまでやるんですが…
今の状況は確かに厳しい。

 

そんな中ですが、コロナ禍に
いろいろ思案していた短編映画を
仲良し映画監督とスタッフ、
俳優仲間で創りました。

 

マイナスイオンいっぱいの埼玉の森の中で。
リハーサルも結構やりました。
誰に評価してもらおうというわけでもなく、
みんなで作品を創る楽しさ
純粋に味わえました。
コロナ禍に散々訓練したことも
いっぱい試せました。
楽しかった~。

 

短編映画の役はなんと動物なんですよ。
善意で有名な特殊メイクさんが
メイクして下さり、かなりの完成度!
写真載せたいけど、
まだ作品完成してないからまたの機会に~

 

これからは人の目を気にすることなく、
動物のような本能を大切に、
自分を満足させてあげれるよう
執着を手放していきますー。
なかなか難しいんだけどね……(笑)

 

さて、短編映画の行く末は、
完成後に各映画祭に出品
その後、配信予定です。
制作過程のメイキング映像は
https://cheerforart.jp/
アートにエールサイト内にて
アップされる予定ですので、
興味を持っていただけましたら、
ぜひ、チェックをお願いします!

 

 


にわ つとむTwitter


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA