8.9のにわさんへ

 

8.9のにわさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
短編映画 ” について。

 

ここ半年ほど、
これまで必要かと思っていたけれど
意外とそうではなかったものを
ずいぶん手放してきまして、

「よし!身軽になったぞ!」

と思いきや、
また新たな可能性や誘惑が次々出てきて
もう、コロナ前より
がんじがらめになっているような
気がしている今日この頃であります。

 

そんな私が言える立場ではないのですが、
勉強を成功させるコツは

「何をやるか」

よりも

「何を手放すか」

だったりします。

 

学校の宿題、塾の宿題、市販の問題集…
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃで、
やったつもりなのに

結局、南極、何もできていない!

なんてことはよく起こるものでして。

 

例えば、学校の宿題。
一番大事そうで、
実は最も勉強の向上に
効果が薄いものだったりします。

 

よく考えてみればわかるのですが、
学校の宿題はクラス一律に出されます。
しかし、その問題が「ラクショー」なのか
「ゲロゲロ!」なのかは人それぞれ。

 

「ラクショー」の人が
真面目に宿題をこなしたところで、
それは全く意味のない時間。
ぜひ臨機応変に答えを写すなり、
友達と役割分担するなりすることを
強くおすすめします。
(もちろん「ゲロゲロ」の人は
しっかりやらないとダメですよ。)

 

「手放す」という考えは勉強において
「後退」だと思われがちです。
しかしそうではなく、自分にとっての
いる・いらないを見極め、
いらないものは躊躇なく
捨てられれば、
勉強の速度はグッと増しますよ。
この辺りはもう、理屈じゃなく
動物的嗅覚だったりするのですけどね。

 

いろいろ「手放した」にわさんの
活躍も楽しみにしております!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA