8.23の青羊(けもの)さんへ

 

8.23の青羊(けもの)さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
野球の聞こえる音楽 ” について。

 

わたし〜系なんで。

と、自分を定義づけするのを
好む若者は今も昔も変わりません。

 

受験の世界でいうと、

英語は〜先生派!

や、

英単語帳は〜派!

みたいな。

 

おいおい、どこぞの政党か?

とツッコミを入れたくなるのですが、

ではなぜそれを信奉して
他の選択肢を否定するのか?

と聞くと、明確な答えは出てきません。

 

〜君が言ってたから。
YouTubeでやってたから。

という返事ばかりで、
他のものを試した形跡もない。

 

もちろん、彼らはまだ未熟なのであって、
そのあたりを啓蒙していくのが
「先生」と呼ばれる
我々の仕事なのですが、
その先生が「〜派」という定義づけが
好きだったりするので、
ちょっと問題だったりします。

 

例えば「文理選択」。

 

この将来に大きく影響するであろう決定を、

「数学が苦手だから文系」
「国語が苦手だから理系」

と安易に決める人がなんと多いことか!
実はその決断を「先生」が
後押ししていることも多く、

「数学の点数が悪いから文系にしましょう」

というもの。

 

しかし、これも多くの場合、
食わず嫌いや勉強の仕方まずくて
成績が伸びていなかったりするもので。
安易に「〜系」と定義づけしてしまうのは
とってももったいないことです。

 

とりあえず、
その世界に足を踏み入れてみる。

という姿勢がいろいろな機会を
生んでくれると思いますよ。

 

しかも、自分が得意なことと、
苦手なこと、未知なことを
掛け合わせると、
これまたおもしろいことが生じます。
野球と音楽を組み合わせた
青羊さんのように。

 

うーん。
さすがのオープンマインドです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA