8.31の藤さんへ

 

8.31の藤さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
いつもとちょっとちがうお仕事 2
について。

 

名探偵モンク!
バッチリ観ておりましたが
藤さんがご登場されていたとは…。
そんな方と、塾のコラムを介して
やりとりできるとは
なんとも不思議なものです。

 

さて、受験業界におりますと、

「受験勉強こそ将来設計の全て」

なんて気がしてきます。

 

生徒本人からも、親御さんからも、

・ここの高校に行けば、大学に行けるか?
・希望の大学に行ったら、
どこに就職できるか?

 

なんてことを聞かれるのが
日常茶飯事ですが、
実際のところ、どこの高校に行こうが
どこの大学にも行けるし、
確かに就職では大学名が問題になることは
あるかもしれないけれど、
資格系(弁護士とか)であれば、
大学は関係ありません。
(実際、東大に行かないと
弁護士になれない、と思っている人が
たくさんいる)

 

勉強は本気でやれば、
いつからだって始められるし、
本気でやればどの道にだって進めます。

 

だから将来設計という話に
学歴っていうのが決定打!って訳ではなくて
それより大事なものがあったりします。
それは何かと言いますと…

「ご縁」

なのではないかと。

 

こうなってくるともはや
「設計」ではなくなってくるのですが、
そもそも、将来を完璧に設計しようったって
無理があるし、
設計通りにやらねば!というのが一番危険。

 

将来なんかほとんど運任せだ。

なんて思っていた方が、面白い道が
ひらけてくるのではないでしょうか。

 

実際のところ、塾のブログを書いてて、
「呪怨の伽倻子」さんであり、
「名探偵モンクのナタリー」な藤さんと
やりとりするなんて設計のしようがないし。

 

ただ、「運任せ」と言いましたが、
これが不思議なことに
「運」と「運」が何層にも重なって

「ああ、なるべくしてなったな」

という瞬間がよくきます。

 

「偶然じゃないさ、全て必然」

と、とある歌にありましたが、
全くその通りだと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA