9.1の長谷川さんへ

 

9.1の長谷川さんのコラムについて。

 

キー!!  ってなってる
長谷川さんが目に浮かびます。
4.96笑

 

さて、いつのまにやら受験まで
あと半年しかない、
というところまで来てしまいました。

 

ここまでくると、
スポーツでいうところの

「球際の強さ」

みたいなものが必要になってきます。

 

言い換えると、押し負けない強さ、
といったところでしょうか。

 

入試問題は定期テストと違って
予想もしない角度から、

「えー ! そこ!?」

みたいな角度から問うてきます。

 

なぞなぞみたいなもので、
答えを聞けば、

「あー、それね」

となるのですが、本番で

「あー、それね」

は通用しません。
そこをしっかり取らないと
残念ながら第一志望には
落ちてしまいます。

 

では、そうならないようにどうするか。
完璧を目指すことです。

どっからでもこい!

と言えるレベルまで己を高めること。

 

「2位じゃダメんだですか?」

という有名なフレーズがあって、
これがどういう文脈で
使われたかは解釈が分かれるところですが
少なくとも、

「ちょっと手を抜いてもいいでしょ」

的な考えだと、
本番で足をすくわれます。

「知ってたのに書けなかった…」

というなんとも後味の悪い結果に。

 

長年、受験生をみていますと
いわゆる「逆転合格」をする人は

「満点を目指す才能」

が豊かな人が多いです。

 

ただし!
戦略的に満点を「目指さない」
ことも大事です。

 

なんだかとっても
矛盾しているようですが、
本番には「捨てるべき問題」
というのが存在します。

 

そういう罠に時間と労力を
注ぎ込んだりしないよう
しっかり戦略を練ってね。
なんてことを言いつつの
「完璧を目指せ」発言。

 

何言ってんすか?

と思った方は連絡ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA