『山のなかの試着室 』 ー 赤木美名子

 

「まるでサバイバルですね。
着くまで何度も心配になりました」

とお客さま。
最高の誉め言葉です。

 

流行を追って一気に作り、
人が集まる場所に
店舗を構えて売るアパレル。
そんな時代に逆行するかのように
「もんぺ製作所」は採寸をして
お客さまの体形、好みのテイスト、
身に着けるシーンに合わせて
1枚ずつ作る受注生産。
店頭に並んでいる服に
自分を合わせるのではなく、
自分に合った服を作るというコンセプト。

 

お客さまをより深く知りたいと思うから、
わたしたちのことも知ってもらいたい。
わたしたちが暮らす豊かな自然の中で
1本のパンツが生まれる時間を
お客さまと楽しみたい。

そんな半ば押しつけの思いから
新型コロナ渦中の6月に
『山のなかの試着室』をオープンしました。

「 “こんなところ” に
お客さまは来ないだろう」

と夫。

 

 

オープンしてすぐに
見覚えのあるお名前で予約のお問い合わせ。
昨春、ブランドを立ち上げてすぐに開催した
上越高田展示受注会で、
新聞社の取材を受けました。
その時、いらした方のコメント取材に
快くご協力いただき、
紙面を飾ってくださった
記憶に残る男性のお客さまでした。

 

 

試着室で1年2か月ぶりに再会し、
こみあげてくる想いを抑え
2本目のもんぺパンツづくりが
はじまりました。

 

お客さまが選んだのは
正藍染もんぺパンツ。
藍染工房見学、ポケットの刺繍柄選び、
をしていただき、
今は、3か月に渡る製作期間の最中です。

 

 

ファストファッションが台頭し、
服は使い捨ての時代。

いいものを長く着たい。
服が作られる背景を自分の目で見てみたい。

そんな美しい価値観を持っているお客さまが
オープンから
3か月が過ぎようとしている今日も
“こんなところ”までいらっしゃいました。

 

もんぺパンツを作るための道中は、
ちょっとしたサバイバル。
スリルのおまけつきです。

 

「lineaとむすひ」web
「もんぺ製作所」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA