9.14の渡邉知樹さんへ

 

9.14の渡邉さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
思い出の街 ” について。

 

誰が言ったか知らないが、
日本人の旅行には
「人」の要素がないらしい。

 

たしかに、自分自身を振り返っても
最近の旅行は
美味しいものや温泉がメインで
「新しい出会い」を求めて
行くことなんかほとんどない。
というより、全くない。

 

渡邉さんの書き込みを読んで
「ドキリ」としたのだが、
どうやらわたしは旅の本質を
忘れてしまったようだ。

 

食べるにも、泊まるにも
近くの人を捕まえて鶴瓶さんのごとく
「おすすめ」を聞くべきなのに
相談相手はいつもスマホ。

 

これでは、

「ネットの情報が最強」

と思っている中高生に
注意できる立場にない!

 

さて、受験生がまず頼るべきは、
ネットの情報ではなく、
体験者の生声だと思っています。

 

その体験者は、合格した人に限らず
不合格だった人からも
貴重な情報が得られます。

 

自分がどういう勉強法をとったか
考え方は、環境は…

その情報ほど
頼りになるものはありません。

 

で、それっていうのは
やっぱり面と向かって
(今はズームでもいいかも)
やりとりして初めて
お宝情報ってのが掘り出せるわけで。

 

顔のみえない情報は
まず疑ってかかる。

アナログおじさんの戯言に
聞こえるかもしれませんが、
ぜひ忘れないでくださいね。
おじさんも気をつけます。

 

渡邉さん!
2年目もよろしくお願いします!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA